脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんなお悩み
\ありませんか?/

  • 歩いていると足が痺れてくる
  • 休憩しないと歩き続けられない
  • お尻から脚にかけて灼熱感がある
  • 家族や友人の歩きについていけなくなった
  • 整形外科で脊柱管狭窄症と言われたが治療法がない
  • 接骨院で電気やマッサージをしてもらっても治らない

なぜ? あいいろ鍼灸整骨院の施術は
こんなにも
脊柱管狭窄症が
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

脊柱管狭窄症の治療が難しい理由は3つあります。

  1. 原因が様々
  2. 神経症状であるため原因となる体の部位と症状の出る部位が異なるということです。
  3. 新駅線維の修復と圧迫の解放

この3つが明確に解決される治療が組み込まれていない限りは、折角治療に時間を使っても、あなたの体に変化は出てはいないでしょう。

 

1.原因が様々だからこそ治療方針を明確に

脊柱管狭窄症の原因は様々です。この後に説明しているように他の疾患も伴っていることもあり、原因の追究をしてからでないと症状の改善は見込めません。

同じ「脊柱管狭窄症」と言っても、原因が違えば治療法も違うのは当たり前ですよね?

しかし残念ながら、一般的な治療院では、電気・マッサージ・湿布で対処しているところが多いようです。これらの治療法が悪いわけはないのですが、使い分けをされていないのが問題です。

 

2.神経疾患特有の症状解決法

神経疾患の方が最も院内で訴えるのは、「痛みがあっちこっち動く」や「痛み方が一定ではない」ということです。

それもそのはず、体の中の神経という線維は、体の各部位と脳をつなぐ糸のようなものです。

神経線維の糸の上の方で傷付けば、それより下のどこにでも症状が出ます。神経線維の真ん中辺りで傷付けば、真ん中から下のどこにでも症状が出てもおかしくありません。

さらに非常に判断が難しいのですが、初期の神経障害というのは傷付いたところから先全てに症状が出るとは限りません。

例えば、腰で神経の障害があった場合、腰から遠く離れた足先の方だけに症状が出ることや、お尻とふくらはぎがだるいというように飛び飛びで症状が出る場合もあります。

これらの症状が、どこから、どのような経緯で出ているのかをいち早く見つけて対処することが、症状改善への近道なのです。

整形外科や接骨院で見落としてしまう場合、原因となっている場所に治療のアプローチをせず、症状が出ている場所にフォーカスしてしまいがちです。

 

3.脊髄が通る筒状の空洞(脊柱管)を開放

脊柱管狭窄症が治りにくい理由は、脊柱管狭窄症の発生過程が単なる神経障害ではなく、神経に栄養を与える液体の不足から生じるものだからです。

治療方針を立てる際には、傷付いた神経線維の回復・圧迫された神経線維の開放とともに、脊柱管の圧迫を取り除き脊髄に栄養が流れることを考えなければなりません。

「そんなことできるの?」と思うかもしれませんが、物理的には不可能ではありません。

脊柱管狭窄症の症状の中には、筋肉の圧迫によって症状を悪化させている場合もありますので、その場合は筋肉の状態や姿勢を変えていくことで早期に症状の変化がみられます。

 

症状についての説明

 

脊柱管狭窄症と診断されても「何をもってって脊柱管狭窄症なの?」「ヘルニアとどう違うの?」と疑問に思う方も多いはず。

実は脊柱管狭窄症はレントゲンを撮っただけでは分かりません。

脊柱管狭窄症の方だけが発症するある特徴があります。

 

間欠性跛行(かんけつせいはこう)

病院で診断された方は聞き覚えがあると思います。もしくは、パンフレットなどで説明される場合もあります。

しかし、言葉は知ってるけど実際は何?という方、間欠性跛行は脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状です。

 

歩いてはやすみ・・休んでは歩き・・

散歩などで外を歩く、ウィンドウショッピングで長時間歩く。

そんな時、長く歩いていると足がだるくなって歩けなくなってくる・・!少し座って休めば歩けるんだけど・・。

こんなことはありませんか?

実はこれが、脊柱管狭窄症の最も典型的な症状なのです。

間欠性跛行とは、長時間歩いていると腰からお尻や脚がだるく痺れてきて、座って休むと回復する。これを繰り返しながら歩く状態のことをいいます。

この時のだるさや痺れは、「疲れた」くらいではなく、「休まないと立っていられない。足が運べない。」という状態です。

その代わり、座って休めば症状が回復してまた歩けるようになります。

座って回復するというのも他にはない特徴です。

 

自転車は乗れる

脊柱管狭窄症の方は長時間歩き続けると歩けなくなります。

しかし「自転車にはずっと乗っていられる」と言います。

間欠性跛行の症状が出現するのは、直立で立ち続けている時、そして、歩き続けることによって症状が増強していきます。

実は間欠性跛行の症状が消失するのは、座っている時ではなく、前かがみの姿勢をしている時なのです。

ですので、「歩けないんだけど自転車は乗れるんだよな~」となります。

これもまた脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状、間欠性跛行の症状となります。

 

腰痛よりも辛い

脊柱管狭窄症の方は、それほど強い腰痛は訴えません。全くない事はありませんが、ぎっくり腰やヘルニア程の腰の痛みはありません。

それよりなにより、とにかく「長く歩けない・・」。これが一番辛い症状です。

長く歩けないということは、

・家族で旅行に行くのが億劫になる

・出掛けても椅子を探してばかり

・友達に誘われても「迷惑なるから、、」といって誘いを断る

・日課だった散歩をやめてしまう

というように、徐々に出不精になってしまいます。

すると、足の筋力は落ち、外に出る気力がなくなってしまい、生活の質が下がる悪循環ですよね。

放っておいても良くなることはありませんので、我慢せずにご相談くださいね。

 

 

原因

脊柱管狭窄症は先天性と後天性があり、ほとんどが後天性です。

50代後半以上の人が発症する事が多く、先天性の場合は40代~50代にかけて発症するのが特徴です。脊柱管とは背骨にできた空洞のことです。その空洞の菅の中を脳からつながる脊髄が通るのです。脊髄は人体にとってとても重要な機能なので硬い背骨の中で外からの障害から守られています。しかし加齢に伴い背骨に異変が起きたり変形したりして脊柱管が狭くなり脊髄が圧迫される事により痛みや、シビレなどの症状が現れます。

デスクワークが多い人や姿勢が悪い人は要注意です。

猫背、反り腰、ストレートネックが原因で背骨に歪みが生じて脊柱管が狭くなることがあります。

脊柱管が狭くなると、真ん中を通っている脊髄神経を圧迫しやすくなり、高齢になってから症状が出ることが多いです。

運動不足は脊柱管狭窄の大きな原因の一つといえます。若い時にあまり運動をしていなかったり、運動を継続していない人は、筋力不足から体を支える力が弱かったり、体のバランスを歪めたり、関節に不均衡な負荷を掛けてしまい椎間関節の動きを悪くさせ可動域を狭め関節包や靭帯が肥厚し神経を圧迫してしまうのです。

高齢になってから脊柱管狭窄を発症しないためにも、適度な運動が必要です。

すべり症が原因で脊柱管狭窄を発症するケースもあります。

すべり症とは、過酷な運動を繰り返したり椎弓の骨折、椎間関節の変性などで背骨の関節が壊れ、骨がずれる症状のことです。椎骨の位置が前方にずれることで、脊柱管が狭くなり神経を圧迫するようになります。また、椎骨の位置は横方向や左右に回旋してずれてしまうこともあります。

症状が出る部位にも個人差がありますが、結果的には椎骨の位置がずれて、脊柱管が狭くなり脊柱管狭窄を発症します。

 

 

他院とはどこが違う?

矢印

あいいろ鍼灸接骨院の\ 9つの特徴 /

1. 当院の技術を多くの治療家やスポーツトレーナーが学びに来ています

当院院長が主催するセミナーでは、全国の治療家やスポーツトレーナーが多く参加し、当院の技術を学んでいます。すでにたくさんの方が卒業されています。

2. 口コミランキング1位を獲得。また多くの専門家が当院の技術を絶賛

大手口コミサイト「ヘルモア」で1位を獲得。また医師など多くの専門家が当院の技術を推薦しています。

3. 初回20~30分のカウンセリング&検査で本当の原因を特定

初回カウンセリングは私たちがあなたの体を知る最も重要な作業です。姿勢・関節・筋肉の硬さや動きを細かくチェックし今ある痛みの原因を徹底的に突き止めます。

4. 専門用語は一切なし! 安心してご利用頂けるようしっかり説明します

当院は「人対人のコミュニケーション」を大切にしています。患者様に安心して施術を受けて頂けるよう丁寧にご説明します。わからないことがあれば何でも聞いてください。

5. 短期間で結果が出やすい 痛くない・優しい整体

痛みの原因にダイレクトに施術するため短期間で結果が出やすいのが特徴。優しい施術のため、妊婦やお子様も安心して受けられます。

6. 徳島初! 整体×鍼灸×運動療法×姿勢改善で徹底的に根本改善

整体だけでは根本改善できない症状もあります。東洋医学やパーソナルトレーニング・リハビリ・栄養学にも詳しい施術家がトータル的に施術&アドバイスします。 ※鍼なしの施術も可

7. 痛みの改善だけではなく全身を健康なお身体へ導きます

当院は症状の改善だけではなく、全身を整えることで、将来・生涯健康で過ごしていただける体作りをお手伝いしています。

8. 充実した最新の設備


体の歪みを瞬時に整える、無痛の骨盤矯正を可能にするトムソンベッドなどの設備も充実。

9. スポーツ系のケガやマラソンランナーの治療も評判です

腰痛・肩こりなどの慢性症状だけではなく、野球・テニス・陸上・サッカーなどのスポーツ障害やマラソンランナーなどの治療でも多くの実績を上げています。

お試しキャンペーン

11月30日までに
\ご予約の方に限り/

初回お試しコース

2回 2,980円
(通常1回 6,500円 税別)

予約多数のため先着10名様のみ
→あと3名

※予約が埋まり次第受付を終了させて頂く場合がございます

【整体の予約方法】

当院は完全予約制の治療院です。

お電話かWEBでご予約ください。

 すぐ下の予約フォームからご予約が可能です。

お電話の際に「はい!あいいろ鍼灸整骨院です!」とお応えしますので

「ホームページを見て予約をしたいのですが…」

とお伝えください。

症状をお聞きし、ご予約日は日時などを決めさせていただきます。

あなたはこの整体を受けることができないかもしれません

ここで残念なお知らせがあります。
もしあなたが、

  • よくなる効果より、その場だけのリラクゼーション的行為を求めている。
  • ちょこちょこっと施術してもらって痛みが紛れればいいと思っている。
  • 自身の健康にはお金をかけたくないので、とにかく安いところを探している。

このようにお考えでしたら、当院の整体を受けていただくことができません。
というのは、あなたの求める整体と私たちの提供する整体がそもそも違っていた場合、
せっかく来ていただいても時間とお金の無駄になってしまうからです。
逆にもしあなたが、ご自分の時間やお金、身体の価値を正しく理解した上で、

  • 本気でこれからの自身の人生、健康を考えている。
  • 早くよくなって元通りの生活を送りたい。
  • 整体の知識、技術レベルが低いところは不安だ。

このように考えて賢い選択ができるのであれば、あいいろ鍼灸整骨院はあなたの探し求めていた場所です。

ぜひ一度ご相談くださいませ。